sponsored link

メニュー

気になる・・・

new .なんかいいね

といわれるサイトにしたいと思っております。きれいな肌になりたい私

 

HOME

はじめに

美しい肌を維持するためには、毛穴の汚れ、メイク汚れ、古い角質などをきちんと取り除いておくことが大切です。洗顔では洗顔石鹸を利用することが多いですが、肌が突っ張る、乾燥する、毛穴の汚れガ落ちないなどの悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

より安心して洗顔を行うのであればipsコスメティックスのコンディショニングバーを選んでみてはいかがでしょうか。こちらは見た目は四角い形の黒い固形石鹸です。

ipsコスメティックスのコンディショニングバーはきめ細かで弾力のある泡で優しく洗い上げてくれます。皮脂汚れはもちろん、メイク汚れ、古い角質などを優しくつつみ、すっきりと洗い流してくれます。

洗顔後は肌の乾燥も気になるところですが、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキスなどの保湿成分が含まれており、肌に必要な潤いを守りながら余計な汚れをさっぱり落としてくれます。

よく泡立てて、優しく洗い、その後は水かぬるま湯で丁寧に洗い流しておきましょう。


コスメティックス、特に化粧水の広告における薬事法上の注意点

世の中には様々なコスメティックスが出回っており、これらは人々の暮らしに欠かせないものになっています。これらのコスメティックスは、ドラッグストアやコンビニエンスストアで気軽に手に入るというのが大きなメリットのひとつです。

その中でも私はIPSコスメティックスが好きです。

 

しかし、気軽に手に入れることができるということは、それだけ作用が緩徐ということです。つまり、毒にもならない代わりに薬にもなりにくいということです。そうすると、コスメティックスの広告表現はそれだけ制限を受けることになります。

化粧水を例にみていきます。 化粧水の効能・効果というと、保湿効果や美白効果が思いつきます。しかし、メーカーはこれらの効果を好き勝手に広告に使うことはできません。薬事法では、化粧品の効能効果の範囲が厳格に決まっており、具体的には56種類の文章の中から選んで記載することになります。

 

化粧水だと「肌のキメを整える」「皮膚にうるおいを与える」など、およそ20種類の文章から選ぶことができますが、それ以外の効能効果を謳うことはできません。 このように、コスメティックスの広告は薬事法による制限を受けています。